ハンコンゲーミングチェア.jpg

ゲーミングチェアとは通常の椅子よりもホールド感、耐久性、リクライニングなどの機能に優れ、疲れにくく長時間デスクでゲームをプレイする方におすすめと言える椅子です。

そして同時にレースゲームをプレイする際の椅子としても非常に相性が良く、是非導入を検討していただきたいアイテムでもあります。


しかし一言にゲーミングチェアと言っても多くの種類があり、値段もリーズナブルなものから高額なものまでと幅広く販売されている為、いざ購入しようとしてもどれを選んだら良いのか悩まれると思います。

そこで私なりに購入まで調べた事と実際に購入して実感した事をもとに、ゲーミングチェア選びのポイントをまとめてみましたので、購入を検討されている方や私と同じようにレースゲームでの利用を考えている方の参考にして頂ければ幸いです♪

ゲーミングチェア購入時に注意したポイント

私がゲーミングチェアを購入するきっかけとなったのは、取りあえずで購入した3000円程のデスクチェアで長時間ゲームをプレイすると腰とお尻がすごく痛くなり(もともと腰痛持ちです)、この腰痛を少しでも軽減できればな思ったからです。

さらに私の場合はハンドルコントローラー(ハンコン)を使いレースゲームをやるので、基本的に同じ姿勢でプレイすることが多く2~3時間もするともうプレイ不可能なほど痛くなり、そうなるとゲームを止めるという状況でした。

腰痛による痛みもそうですがゲームをやりたいのに続けられないと言うストレス、これをどうしても解消したかったのです!


そこでゲーミングチェアの事をいろいろと調べていくうちに、購入時に特に重要だと感じた点をまとめてみました。


①お値段

まず調べたのはゲーミングチェアのお値段です。

決して安くない、いやむしろ高いです!!


通常の椅子でも10万円程する高い椅子もありますが、一般的にはゲーミングチェアの方が通常の椅子より高額なことが多く、今まで3000円のデスクチェアに座っていた私からすると3,4万円もする椅子なんてものすごく高いと感じたのと同時に絶対に失敗できない買い物だとも思いました。

しかし調べていくうちに素材やモデルによっては比較的リーズナブルなゲーミングチェアもあることを知り、ほぼ毎日座る事になる椅子なのでお金をかけてでも自分が納得できるものを選ぶほうが良いと思えるようになりました。

さらに腰痛も解消できるのであれば私にとって購入する価値はもう十分でした。


②メーカー選び

次に調べたのはゲーミングチェアを扱っているメーカーです。

決して失敗が許されない買い物なので、安心と信頼できるメーカーを選ぶと言うことは必須の条件でした。

さらにレースゲームの為にも使うのでデザインはレーシーなものを選びたかったと言うこともあり、メーカーは以下の3社にしぼりました。

  • ■DXRACER(デラックスレーサー)

  • ゲーミングチェアの中では非常に有名なメーカーで、プロゲーマーの方々やe-sports大会でも実際に使われており、座り心地の良さはもちろん、実績、信頼性共に申し分なくトップクラスのメーカーです。

    商品ラインナップもフォーミュラ(スタンダード)、ドリフティング(ワイド)、レーシング(ロング)、キング(ビッグ)、クイーン(コンパクト)と5モデルが用意されており自分に合ったサイズ選びが可能であることと、本格的なゲーミングチェアの割に値段が安くコスパが良いところが特徴です。

  • ■AKRACING(エーケーレーシング)

  • デラックスレーサー同様こちらも非常に有名なメーカーで、「究極の座り心地を追求したゲーミングチェア」と言うコンセプトで作られており、私が調べたゲーミングチェアの中で一番質感も良く、もはや実車にセミバケットシートとして使われていても違和感無いレベルです。

    商品ラインナップはWolf(ファブリックモデル)、NITRO(PUレザーモデル)、Pro-X(PUレザーモデル)、があり、上位モデルのPro-Xのみ少しサイズが大きく体格が良い方や身長が高い方におすすめとなっています。

    また極坐(座椅子モデル)が新しくラインアップに加わりローデスクで利用する事も可能となった。

    価格はデラックスレーサーより少し高めですが非常に人気も高く、素材、質感にもこだわりたい本格派の方におすすめのメーカーですね。

  • ■Bauhutte (バウヒュッテ)

  • バウヒュッテの最大の特徴は値段の安さです!

    比較的高額な商品が多いゲーミングチェアの中でバウヒュッテは1万円台から販売しているモデルもあり、さらにレーシングタイプや座椅子タイプなど非常に多くのラインナップが用意されており、予算だけでなく様々なサイズ、環境に合わせた購入が可能です。

    ゲーミングチェアを購入してみたいが予算も抑えたい方におすすめといえるメーカーですね♪

この3つのメーカーは信頼性や評判も高くデザインもレーシングカーのようにバケット調で、レースゲームにもピッタリなゲーミングチェアメーカーと言えるでしょう!


③モデルサイズ選び

最後に調べたのは各メーカーにラインナップされているモデル選びです。

ゲーミングチェアにはメーカの中でもスタンダードなものから長身の方に適した背もたれが高いモデルや、ゆったり座りたい方に適した座面幅が広いタイプなど様々なモデルが存在します。

私の場合身長168cm体重63kgと小柄な方なのでスタンダードなモデルで良いかと思いましたが、ここはそれぞれの体格に合わせて選ぶ必要があり、自分の体格にあったゲーミングチェアを選ぶという事はもっとも重要な部分でもあると思います。


そしてもう一つ注意すべき点は素材の選択です。

主に素材にはPUレザー(合皮レザー)とファブリック、PUレザーとファブリックを合わせたハーフレザーのモデルがあり、一般的にPUレザーは高級感があり汚れても掃除しやすいというメリットがあるが、通気性が低く蒸れやすいというデメリットもある。

一方ファブリックは通気性が良く肌触りも良いのですが、汚れた時に手入れが難しいと言うデメリットもありどちらも一長一短なので自分の好みで選ぶのが良いが、価格はPUレザーの方が若干高めなので金額面も合わせて考えて頂ければと思います。


この様にゲーミングチェアを選ぶ際には自分の体格に合わせたサイズ選び、部屋の広さや環境を考え自分の予算に合ったものを選ぶと言う事がポイントになってくるでしょう。



そして私の場合は身長から大きすぎないサイスで、通気性が良いファブリックタイプを選ぶ事が購入の絶対条件でした。

なぜなら私の部屋にはエアコンやヒーターが無いからだ。

エアコンやヒーターなどの空調設備を購入するよりも、ハンコンや設置するコックピット作成を優先した為の代償である。

後悔はない!!


と言うことで私の場合は冬は冷たくならず、夏も蒸れずに通気性の良いデラックスレーサーのフォーミュラ「DXRACER DXR」ファブリックモデルを購入しました♪


レースゲーム用としてゲーミングチェアはベストな選択か?

ゲーミングチェアの事を調べていくとその良さが分かり普段のデスクワークでも非常に強い味方になってくれる事は間違いない。

だが実は購入する前に最後まで悩みました。


理由はこの様にコックピットキットが販売されている為、レースゲームで利用する場合はこちらを購入するほうが良いのではないかと考えたからです。


しかしコックピットキットの導入には金額もそうですが、設置場所を確保しなければいけないという大きな問題があります。

悩ましいです。

そこで私が考えた案がゲーミングチェアを購入し、今後コックピットを組みたくなったらゲーミングチェアの椅子部分のみを利用すると言う事です。


こちらは私が実際に購入したデラックスレーサーさんの「DXRACER DXR」の座面裏側です。

座面裏.jpg

この青丸部分を利用すればそんなに難しくなく自作のコックピットに固定や、ステーを利用すれば実車のレールを組み込むことも出来るでしょう。


ちなみに脚を付けずに直接置くとこんな感じです。

座椅子コックピット.jpg

普通にコックピットの椅子として使えそうですね♪

コックピットを組む日はいつになるか分かりません、もしかするとその時にはもうゲーミングチェアのクッションがヘタって使い物にならない可能性もありますが自分を納得させる理由としては十分でした。


購入を迷ったおすすめ出来るゲーミングチェア

価格の問題や素材の違いによって最終的に私はデラックスレーサーの「DXRACER DXR」を選びましたが、これはあくまで私の環境と好みにより決めた事であり、環境や好みは人それぞれなので皆さんは自分に合ったゲーミングチェアを選んで欲しい。

そこで私が最後まで購入の候補に上がっていたゲーミングチェアをいくつか紹介しますので宜しければ参考にしてください♪


DXRACER DXJ [クイーンシリーズ]

 
一番初めに候補に上がっていたのはデラックスレーサーのコンパクトモデルであるクイーンシリーズです。

こちらは身長150cm~170cmの方におすすめなコンパクトモデルになっており、168cmの私はギリギリOKなサイズでした。

素材はファブリックを使っており通気性も良く、サイズもコンパクトなので狭い私の部屋でも圧迫感も無く好都合ですし、さらにリクライニングやロッキング機能などゲーミングチェアとしてのポイントもしっかり押さえつつ、価格もデラックスレーサーの中では一番安く2万円半ばで購入できるため当初はこちらを購入する予定でした。


しかしこのモデルにはアームレストとヘッドレスト・ランバーサポートがついておらず、初めは実車のシートにもアームレストはついていないし、コンパクトなサイズなのでランバーサポートが無くても良いかなと思いましたが、あと5000円出せばスタンダードモデルのフォーミュラシリーズを購入出来るので結局こちらは見送りました。


身長が小柄な方や部屋のスペースの関係でコンパクトなゲーミングチェアでなければいけない方、デラックスレーサー欲しいけどなるべく安く抑えたいという方にはクイーンシリーズがおすすめですね♪



DXRACER DXR [フォーミュラシリーズ]

 
クイーンシリーズを見送り最終的に私が購入したのはスタンダードモデルのフォーミュラシリーズです。

こちらは身長165cm~180cmの方におすすめのモデルで、クイーンシリーズにもあったリクライニングやロッキング機能があるのはもちろん、アームレストとヘッドレスト・ランバーサポートも標準でついてきます。

価格こそ5000円程上がってしまいますが私の理想に一番近いゲーミングチェアでした。

そして実際に購入し座った感じは「間違いなかった」です!

座った瞬間に今まで使っていたデスクチェアとは明らかに座り心地が違い、これは疲れないわと思わせてくれました。


座り心地を文章で説明するのはなかな難しいので、参考になるか分かりませんが今まで使っていたデスクチェアと[DXRACER DXR]を並べてみました。

ゲーミングチェア比較画像.jpg

見た目も明らかに違いますよね?


またアームレストは必要ないようなら外してしまおうと思っていましたが、マウスを操作する時やゲームで一息つく際に肘を置けるアームレストは本当に楽で、今となっては無くてはならない存在になりました♪



Bauhutte Milano[ミラーノ]

 
こちらは今回購入にこそ至らなかったが、金銭的に用意が出来なかったら多分こちらを購入していただろう。

デザインはバケットシート調で素材にはPUレザーとポリエステルを使い通気性も良く、機能面でもロッキング機能やアームレストもついており、それでいて価格が15000円程とかなり安い値段設定になってる。

この値段には正直かなり心が揺らいだが、唯一リクライニング機能が無いという弱点もある。


私の場合ゲーミングチェアを購入する理由の中でレースゲームの為と言う部分がかなり大きく、ベストなドライビングポジションを確保するにはどうしてもリクライニング機能は欠かすことが出来ず、少し無理してでもリクライニング付きのゲーミングチェアを選んだのです。


だが実際に[DXRACER DXR]を購入して思ったのですが、リクライニング機能そんなに使う機会無いです。


確かに背もたれの角度は多少は調整するのですが、ハンコンでレースゲームやる場合極端に背もたれを倒して運転することなんて無いからです。

なので強いこだわりが無い限りコスパが良いバウヒュッテのミラーノも非常におすすめのゲーミングチェアと言えるでしょう。



AKRacing Wolf[ウルフ]

 
最後に紹介するのはゲーミングチェア界のキングと言えるメーカーAKRacingのファブリックモデルWolf(ウルフ)です。

こちらを購入しなかった理由はたった1つ

高かったからです

ウルフはPUレザーモデルであるNITRO(ニトロ)や上位モデルのPRO-Xよりは安いとは言えそれでも約4万円程の価格で購入しなかったと言うより金銭的に購入出来なかったです。


しかしさすが高いだけあって性能や機能面、素材についてもデラックスレーサーやバウヒュッテの上をいきます。

まず分かりやすいところで言うと使っているフットベース(脚部分)の素材が他2メーカーはナイロン製の樹脂を使っているが、AKRICINGはフレーム、シリンダー、ホイールベース、フットベース全てスチール製となっており質感はもちろん強度、耐久性にも優れている。

また高さ調整に使われるシリンダーもクラス4ガスシリンダーを採用することで耐荷重もデラックスレーサーやバウヒュッテが90~100kgに対し、AKRACINGは150kgとここも大きく変わってくる。


さらにリクライニングの角度が最大180°となっており寝れると評判です♪

ちなみにデラックスレーサーでは135°(ロッキング機能と組み合わせで150°)となっていますが、試しに最大に倒して横たわってみたがこれでもこれでも十分寝れます。

実際にゲーミングチェアで寝ることは私の場合はなさそうですが、AKRICINGが高機能なことは間違いないですね!



ゲーミングチェアでレースゲームをプレイする際の必須アイテム

ゲーミングチェアを使いハンコンでレースゲームをやる方に必ずおすすめしたいのがチェア用固定脚 [SNC-ADJST]です。


これは以前も紹介したのですが、ローラー式のキャスターのままではブレーキペダルを踏むときにスルーと後ろへスライドしてしまいとてもそのままでは運転出来ません。

そこでローラ部分をこの固定脚に付け替える事でかなり強めに急ブレーキしても全く動かず、私には必須のアイテムでもちろんすでに交換済みです♪

チェア固定.jpg

価格も1000円しないくらいで安いですし、取付もキャスター穴の規格が同じなのでそのまま付け替えるだけでOKです!

※コメントでご指摘を頂きましたが”SNC-ADJST”をそのまま取り付けた場合、油圧シリンダー部分が床に干渉し不安定になります。”SNC-ADJST”と床の接地面にスペーサーをかませることで解消されますのでご購入の際は併せてご検討下さい。



以上が私が購入の候補に上がっていたゲーミングチェアです。

全てファブリックモデルで紹介しましたが同シリーズでPUレザーのモデルもありますので、レザーが好みの方は各メーカーのラインナップ一覧より確認してみてくださいね♪

またゲーミングチェアは基本的に多くの在庫を抱えていることが少なく、すぐに在庫切れや納期待ちの状態になり、私も一度購入時期を見逃して納期まで10日程待ちました。

購入を決めたらすぐに欲しい!という方は在庫状況にも気よつけてくださいね♪