Automobilista2のVR体験を最大限に引き出す為の設定

 

VRとの相性が良いレースゲームやレースシムですが、その中でも特にVR体験の質が高いと評判なのがReiza Studiosより公式リリースされたAutomobilista2(以下「AMS2」と記載)です。

 

私自身も色々なVR対応のレースシムと比較をしてみましたが、グラフィックの鮮明さ、UIの操作性、動作のパフォーマンス、どれもクオリティーが高くVRに上手く最適化されているという印象を受けました。

 

そこで今回はそんなAMS2のVR体験を最大限に引き出す為に、私が設定した項目をいくつかご紹介しますので、宜しければ参考にして頂ければと思います!
この記事の続きを読む

記事がお役に立てばシェアおねがいします
カテゴリー

FANATECエントリーモデルCSL EliteをT300RSユーザーが比較レビュー!!

 

ドイツ製の高級ハンコンとして知られるFANATECですが、エントリーモデルにあたるCSLシリーズであれば、ThrustmasterのT300RSやロジクールのG29と比較しても少しの予算アップで手に入れる事が出来ます。

 

そこで今回は実際にCSL Elite Wheel Base V1.1を購入し1カ月程使ってみましたので、約3年半使い続けたT300RSと比較しながら、私なりに使用感をレビューしてみたいと思います!

 

この記事の続きを読む

記事がお役に立てばシェアおねがいします
カテゴリー

Oculus Quest2でVRレースゲームは快適?Oculus linkで検証レビュー!

  • PC - VR

 

PCいらずでVRが楽しめるスタンドアローンタイプのOculus Quest2ですが、PCにUSBケーブルで接続するOculus Linkを使う事で、SteamVRなどのPC専用のVRゲームもプレイする事が可能です。

 

しかしUSBケーブル1本でPCに接続する仕様が故に、ネイティブにPCVRに対応した他の製品と比較すると性能的に気になる点もあります。

 

そこで今回はOculus Quest2でVRに対応したPC用レースゲームをいくつかプレイし、Oculus Linkでもレースゲームは快適にプレイ出来るのかをレビューしていきたいと思います!
この記事の続きを読む

記事がお役に立てばシェアおねがいします
カテゴリー
PC - VR

SUSコックピットVer2.0ハンコンとモニターの設置

 

前回のSUSフレームver1.0ではペダルとシートをSUSに固定し、ハンコン本体とモニターはPCデスクに設置して使用していました。

 

これでも大きな不満がある訳では無かったですし、T300RS程のハンコンであれば剛性も十分確保できていましたが、今後より高トルクなハンコンへグレードアップした場合でも耐えれるよう、ver2.0ではハンコン本体とモニターもSUSに設置してみました。

 

そこで今回は追加購入したSUSフレームと設置方法を紹介しますので、今後SUSコクピ自作を検討している方の参考になれればと思います!
この記事の続きを読む

記事がお役に立てばシェアおねがいします