13年間歴代コックピット.jpg

 

レースゲームには必須とも言えるハンコンですが、購入後必ず悩む事になるのがコックピット(設置台)の問題では無いでしょうか?

 

以前「PS4レースゲームが7倍楽しくなるおすすめハンコン比較」で紹介したように、私は今まで複数のハンコンを使用してきましたが、それと同時に同じ数だけコックピットも作ってきました。

 

そこで今回は歴代のコックピットを紹介しながら、これまでのコックピット作りで得た良いコックピットの条件を、それぞれのメリットとデメリットを交えて紹介したいと思います♪

目次

プレイ環境に合わせたコックピット作りを考える

まずはコックピットの評価基準として私は以下の4条件が重要なポイントになると考えました。それぞれの項目の説明、評価基準は次の通りです。

 

  • プレイの快適さ:設置ポジションの調整、固定剛性
  • 設置スペース:コックピットのサイズ、収納力、手軽さ
  • 見た目:見た目のカッコ良さ、高級感
  • コスト:設置完成までにかかる費用

 

自分の部屋がある方は設置スペースを犠牲にしてでも快適さを重視したいと考えるし、リビングでプレイする方は収納力を重視するでしょう。また出来る限り費用を安く抑えたい方は見た目を犠牲にしてでもコスト優先でコックピット(設置台)を作るはずです。

 

この様に人それぞれプレイ環境は違うがこの4条件のどこを妥協するか、またはどこを重要視するかで自分に合ったコックピット環境が整うでしょう。

 

では実際に私が購入、自作した13年間の歴代コックピット環境を紹介をしていきますので、それぞれの良いところや自分に合った環境作りの参考にして頂ければと思います♪

 

自作で作ったコックピット1号機

一番最初に作ったコックピットはPS2でグランツーリスモ4をプレイしていた時で使用環境は以下の通りです。

 

ハンコン:GT Force
コックピット:鉄フレームを溶接加工(ワンオフ品)+レカロシート

 

【評価】

●プレイの快適さ★★★★★

●設置スペース★★

●見た目★★★★

●コスト★★

 

このコックピットの良いところは、本物のレカロシートを使った事で座り心地が良く、さらに長時間のプレイでも疲れてなかったところと、溶接でガッチリしたフレームなだけに強度が非常に高く急ハンドルを切ってもビクともしなかった。

 

デメリットはそれなりに設置スペースが必要なところと、やはりレカロシートの導入はシートだけでも10万程のコストがかかり、そこから固定するレールなどさらに導入していくことなにるのでかなりの負担と労力がかかる。

 

その為コストや労力、設置スペースを犠牲にしてでも自分の納得いくまで突き詰めたい本物志向の方に自作+実車のシートはおすすめの選択ですね。

 

ちなみに現在販売されているコックピットで、この仕様に一番近いのが長谷川工業さんのSUSアルミフレームを使った「DRAPOJI」という商品です。

 

シート、ハンドル、ペダル、シフト位置が自由に調整できるので自分に合ったドライビングポジションと、アルミフレームでプロが設計したDRAPOJIは剛性が全コックピットの中でも最強ですね!

 

 

また、少しでもコストを抑える為に中古の純正シートを購入するという方法も良いと思います。

 

中古の純正シートであればかなり値段も抑える事が出来ますし、デザインや大きさも自分好みの物を選べ、さらにシートレールも設置すれば前後の移動も出来るので使い勝手も良いですね♪

 

プレイシートを導入したコックピット2号機

2号機を導入したのはPS3でグランツーリスモ5プロローグが発売された時で、プロローグのためだけにこのコックピットとPS3を同時購入した事をよく覚えています。

 

ハンコン:GT Force Pro
コックピット:プレイシート

 

【評価】

●プレイの快適さ★★

●設置スペース★★

●見た目★★★

●コスト★★★★

 

プレイシート.jpg

引用元:プレイシート/株式会社サイバーガジェット

 

2号機では1号機の設置スペース問題を改善するため、市販でコンパクトに収まりそうなプレイシートを購入しました。

 

私の記憶ではプレイシートの値段は18000円程と比較的リーズナブルで、しかも使わないときはハンドル設置部分とシートを分けることが出来るため、限られたスペースで利用するには非常に便利なコックピットでした。

 

しかし画像から分かる様にハンドル設置部分と本体が細い鉄製のパイプ1本だけで固定されており、強度が非常に弱いと言うのがあまりにも不満だったため結局グランツーリスモ5発売前に手放してしまいました。

 

いかに安く省スペースに設置できても快適にプレイ出来ないのは非常にストレスで、コックピットには剛性が非常に重要だという良い勉強にもなりました。

 

ちなみに今では初代プレイシートは販売されていないみたいですが、現在は次で紹介する剛性が増したプレイシートRevolutionが発売されています。

 

プレイシートエボリューションで剛性が増したコックピット3号機

3号機はPS3のグランツーリスモ5発売に合わせて再度市販のコックピットを購入しました。

 

ハンコン:ドライビングフォースGT
コックピット:プレイシート Evolution

 

【評価】

●プレイの快適さ★★★

●設置スペース★★

●見た目★★★★

●コスト★★★

 

 

悪くはない。確かに前作のプレイシートでの剛性問題もかなり改善されて、悪くはないのですが明らかにハンコンを支える棒が邪魔です!

 

慣れれば左程影響は無いのかもしれないですが、ヒール・アンド・トゥや左足ブレーキを使う方は特に邪魔に感じてしまう。さらにシートへの乗り降りの際にどうしてもどちらかの足を上げる必要がある為、その点もデメリットの一つとなっている。

 

価格についても50000円程と決して安い値段ではないですし、初代プレイシートからシートの素材、剛性に進化は見られますが、今もう一度購入しますか?と聞かれると私は正直他の商品を選ぶと思います。

 

しかし現在はさらに改良された「プレイシートRevolution」や、かなり高額にはなるが上位モデルの「プレイシートF1」がセクトインターナショナルより発売されています。

 

これらの一番注目すべき点はあの邪魔だったハンコンを支える棒の位置が変更改良されているところで、これであれば操作性も良くなり評価は大きく変わってくるので、今からプレイシートを購入する方はこちらのモデルの方がおすすめですね♪

 

 

コストと省スペースを重視したコックピット4号機

4号機ではコストパフォーマンスと設置スペースを重視しながら、剛性も得るために自作する事にしました。作成したのはグランツーリスモ6発売の時期ですね。

 

ハンコン:Logitech G27 Racing Wheel
コックピット:イレクターで自作

 

【評価】

●プレイの快適さ★★★★

●設置スペース★★★★

●見た目★★

●コスト★★★★★

 

 

4号機は今までのコックピットとは少しコンセプトが変わりました。画像で分かる様に優先順位が子供>レースゲームとなり、それは同時におもちゃスペース>コックピットとなります。今まで以上にコストと設置スペースが重要視されるようになったという事です。

 

そこで私が行きついた答えがイレクターパイプと呼ばれる鉄製のパイプを使った自作ですね。なんといってもコスパがダントツで安く、シートをソファーで代用する事で製作費1万円以下を実現しました!

 

さらに作り方次第で剛性やドライビングポジションも自分の好みに作成可能で、折りたためるように自作する事でリビングにでもコンパクトに収納できます。

 

デメリットとしては自作なので手間がかかる事と、センスにもよりますが見た目がどうしても市販品より劣ると思います。

 

見た目、手間などを犠牲にしてでもコスト、設置スペースを重視するお父さんドライバーに方にイレクターパイプでの自作はおすすめな方法ですね♪

 

また自宅で自作する際にはパイプカッターとイレクターどうしを繋げるメタルジョイント(鉄製)も忘れ時に購入してくださいね♪

 

 

PCデスクコックピット5号機&6号機

コックピット5号機はPCデスクとゲーミングチェアを使い作成したコックピットで、これが思いのほか快適だったので現在では少し改良を加え、PCデスクを2台並べた6号機へと進化しています♪

 

ハンコン:Thrustmaster T300RS
コックピット:PCデスク+ゲーミングチェア

 

【評価】

●プレイの快適さ★★★★

●設置スペース★★★

●見た目★★★★

●コスト★★★★★

 

 

PCデスクをコックピットにする事で、コストを抑えながら剛性もしっかり確保でき、さらにモニターとの視聴距離を近づける事が出来る環境となりました。

 

ちなみに私が購入したPCデスクは幅や奥行きを部屋の広さに合わせて選べるので、様々な環境に対応できると事とゲーミングチェアとの相性も良いので、レースゲームとPC作業を両立したい方にもおすすめだと思います!

 

 

またPCデスクの場合ハンコンの高さ調整が出来ないので、理想のドライビングポジションをとるのが難しいのですが、工夫次第では改善出来る事もあります。

 

詳しくは以下の記事にも紹介していますので、宜しければ参考にしてみて下さいね♪

 

▼PCデスクコックピットについてはこちらです。

 

 

▼レースゲーム用おすすめゲーミングチェアはこちらです。

 

 

導入予定のコックピット7号機

こちらは現在導入を予定しているコックピットでSTRASSE(ストラッセ)のRCZ01というモデルになります。

 

【評価】

●プレイの快適さ★★★★★

●設置スペース★★

●見た目★★★★

●コスト★★★

 

 

シート一体型のコックピットには3号機で紹介したプレイシートRevolution、ロッソモデロのGTDシリーズ、Next Level RacingのGT TRACKなど他にも良いコックピットはいくつかありますが、その中でもSTRASSEのコックピットは価格が安く、それでいてしっかりとした剛性を確保出来ている点が特徴です。

 

さらにSTRASSEでは専用の補強バーやモニターフレーム、さらにはハンコンT300RSやG29のステアリング交換用のボスなども開発販売しており、拡張性という面でも優れているコックピットと言えますね!

 

私の設置スペースの場合、配置を根本的に変えないと設置が難しいのですが、設置スペースの確保出来る方で、初めから完成したコックピットで快適にプレイしたいという方にはSTRASSE RCZ01がおすすめですね♪

 

 

コスパ、省スペースに優れたおすすめコックピット

最後は番外編として設置スペースとコストパフォーマンスに優れたおすすめコックピットをご紹介したいと思います♪

 

ホイールスタンドプロV2

【評価】

●プレイの快適さ★★★

●設置スペース★★★★★

●見た目★★

●コスト★★★★★

 

 

価格が2万円弱と非常に安く、それでいて強度もそこそこあり、見た目もシンプルで使わないときはリビングの隅に片付けれる超コンパクト設計!

 

お金をかければいくらでも良いコックピットは手に入りますが、今回私がテーマとしているのは良いコックピットの4条件です。

 

これを総合的に考えると実は「ホイールスタンドプロV2」が一番バランス良く実現できているのかもしれません。コストを抑えたい方やリビングで収納を前提にプレイされる方に是非おすすめしたい商品ですね!

 

また購入の際に注意して頂きたいことは「V2」と記載があるものを選択することです!

 

V2と記載が無いものは初期モデルでありフレームの太さが細くそのため剛性が弱くなっています。また高さ(ステアリング部分)、奥行き(ペダル部分)調整の幅もV2の方が調整幅が広いので、購入するのであれば是非V2モデルを選んでほしい。

 

Next Level Racing Wheel Stand Lite

【評価】

●プレイの快適さ★★★★

●設置スペース★★★★

●見た目★★

●コスト★★★★★

 

 

Next Level Racingより本格的なドライビングポジションを手軽に体験するため発売されたスタンドが「Wheel Stand Lite」です!

 

Wheel Stand Liteの特徴は市販コックピットの中では最安値の15000円程で購入できるという圧倒的なコストパフォーマンスと、ハンコンのフォースフィードバックにも耐えうる剛性、そして折りたたみも可能なので収納にも優れています。

 

さらに標準で「TH8A」などのシフターの取り付けにも対応しており、ホイールスタンドプロ同様にコックピット入門としてはかなりおすすめ度が高いです!

 

但し剛性を確保する為にそれなりの重量がありますので、毎回収納を前提としてプレイされる方は手軽さという面ではホイールスタンドプロの方が優れているかもしれません。

 

収納を最優先であればホイールスタンドプロ、剛性も確保したいのであればWheel Stand Liteという選択が良いと思います!

 

おわりに

今回のハンコン用コックピットの紹介はいかがだったでしょうか?

 

自分に合ったコックピットを選ぶ事でプレイする快適さはもちろん、長時間のプレイでの疲れの軽減や、きっとラップタイムにも影響してくるでしょう。

 

みなさんも良コックピット4条件の重要視する部分と妥協する部分を見極めながら、バランスを考え自分に合ったプレイスタイルを見つけてくださいね♪

記事がお役に立てばシェアおねがいします