1万円ヘッドセット.jpg

 

PS4でフレンドとボイスチャットをしながらプレイするには、ヘッドホンとマイクが一体になったヘッドセットがあると便利です。

 

ただヘッドセットは多くのメーカーから様々な種類が発売されており、どれを選んだら良いのかイマイチ分からないという方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、1万円以下で購入できるおすすめゲーミングヘッドセットを私なりに厳選してみましたので、お手頃なお値段でヘッドセットをお探しの方はよろしければ参考にしてみてください。

目次

PS4ヘッドセットの選び方

便利なヘッドセットですが、私は無理に数万円もするゲーミングヘッドセットをいきなり購入する必要は無いと思います。

 

もちろん高価なヘッドセットほど高音質になりますが、1万円以下でもテレビのスピーカーと比較すると十分に高音質ですし、そもそもゲームの効果音に高級なヘッドセットはオーバースペック、というのが私の考えです。

 

ですが、安ければ何でも良いと言うわけではなく、快適に使うにはいくつかチェックしておく点があるのでまとめてみました。

 

装着時のフィット感をチェック

 

 

長時間ヘッドセットでゲームをしていると、締め付けが強いヘッドセットでは耳が痛くなったり、本体重量が重いと頭にかかる負担も大きくなりますのでゲーム用にはあまり向いてません。

 

出来れば店頭などで実際に付けてみるのが一番ですが、難しい場合はイヤー部分の素材やクッションの有無、ヘッドセット本体の重量だけは購入前にチェックしておきましょう。

 

目安としては、300g程だとヘッドセットとしては軽い機種で、イヤーの素材は耳への負担を少なくするなら蒸れやすいがクッション有を選ぶのがおすすめですね。

 

PS4への接続方法をチェック

 

PS4にヘッドセットを接続する方法には、PS4コントローラーのイヤホンジャックを使うアナログ接続と、PS4本体のUSB端子を使うUSB接続があります。

 

一般的にUSB接続の方がアナログ接続よりノイズが入りにくいと言われてますが、実は一部の商品を除く殆どが音声が極端に小さかったり、リモコンは認識しなかったりとPS4には完全対応していません。

 

そこで私がおすすめする接続方法は、PS4コントローラーのイヤホンジャックにヘッドセットを挿すアナログ接続です。

 

ヘッドセット接続.jpg

 

これであればPS4側で以下のように設定するだけで、すぐにPS4でヘッドセットを使う事が出来ます!

 

【PS4 コントローラーにヘッドセットを接続】→【PS4 コントローラーの(PSボタン)を長押し】→【「周辺機器を設定する」を選択】→【ヘッドホンへの出力を「すべての音声」へ変更】

 

また「周辺機器を設定する」の項目では音量の調整も可能ですので、適した音量に合わせておいて微調整はヘッドセットのボリュームコントローラーで行うと良いでしょう。

 

ノイズキャンセリングの有無をチェック

 

 

ヘッドセットを選ぶ際にはボイスチャットで使うマイクに、ノイズキャンセリングが付いているかもチェックしておきましょう。

 

ノイズキャンセリングが備わったヘッドセットであれば、周囲のノイズを減らしてくれるので、相手に聞き取りやすいクリアな音声を届けることが可能です。

 

最近では比較的コスパの良いヘッドセットにも搭載されていますので、購入時には是非チェックしておきたいですね。

 

1万円以内で購入出来るPS4用ヘッドセット

 

Creative Sound BlasterX H3

 

Sound BlasterX H3は程よい締め付けと本体重量も227gという軽量コンパクト設計で、着け心地が良いだけでなく長時間の使用でも疲れにくいのが特徴のヘッドセットです。

 

値段も安く抜群のコスパでヘッドセット入門の方にもおすすめで、私自身も実際に購入したヘッドセットでもあります♪

 

音質についてもテレビのスピーカーで聞いてた頃とは比べられない程の迫力と臨場感で、ゲーム用としては十分な性能ですし、ノイズ低減タイプのマイクを採用することでクリアなボイスチャットも可能。

 

さらにPS4のコントローラーに差しても邪魔になりにくい、130cmという絶妙な長さのケーブルや手元での音量調整、マイクミュートが非常に便利ですね。

 

 

キングストン HyperX Cloud II

 

1万円以下と言う限られた予算の中で音質を優先するのであれば、プロゲーマーもお薦めする「HyperX Cloud Silver」がおすすめ!

 

主な特徴としてスーパーソフトパッド入りヘッドバンドや、低反発イヤーパッドは付け心地が良いと評価が高く、音質に関しても高音が強調された設計でFPSでは足音が聞き取りやすく、マイク音声もクリアに伝わるとまさにゲームに特化したヘッドセットになっています。

 

本体の仕様は楕円形で耳をすっぽり覆う密閉型のイヤーパッドで、低音再生の増幅と周囲ノイズのキャンセリングの役割も果たしており、さらにレザーレットパッドとイヤークッションは交換も可能。

 

デメリットとして本体重量が308gと少し重めの設計のため、長時間のプレイでは少し疲れを感じやすいことと、密閉型で革製のイヤーパッドは耳が蒸れやすいので、その点は注意が必要ですね。

 

 

Logicool G ゲーミングヘッドセット G331

 

ロジクールG233はGシリーズの中ではミドルモデルですが、PS4で利用するには非常におすすめなヘッドセットです。

 

本体重量は259gと軽量設計で、付け心地はGシリーズの特徴的な四角いイヤーカップが耳全体を覆い、耳への締め付けが軽減されるよう設計されています。

 

大口径50mmオーディオドライバーで迫力あるサウンドと、ノイズキャンセリングのクリアなボイスチャット、⻑時間の使⽤でも疲れない軽量設計で、全体的にバランスが良いヘッドセットですね。

 

またロジクールは店頭でも販売されている店舗が多いので、機会があれば是非一度着け心地をチェックしてみるのも良いでしょう♪

 

 

おわりに

 

1万円以下で購入できるゲーミングヘッドセットの紹介はいかがだったでしょうか?

 

価格こそ安いですが、テレビのスピーカーでは体験できない迫力と臨場感を楽しむことが出来るので是非試してみてくださいね。

 

また、PS4にはSONYが販売している純正サラウンドヘッドセットもありますが、値段が1万円を少し超えるため今回はあえて紹介しませんでした。

 

PS4純正品にも興味がある方は少し予算が上がりますが、こちらの記事も参考にして頂ければと思います♪

 

記事がお役に立てばシェアおねがいします
カテゴリー