通常のモニターより横幅が広い「ウルトラワイドモニター」では、今まで見切れていた横方向が見える事でよりゲームを有利に進めたり、デュアルモニターやトリプルモニターと比べて手軽に、そしてスマートに導入出来ると言うメリットがあります。

しかし、最近は多くのメーカーが様々な種類のウルトラワイドモニターを販売しているため、どれを選んだら良いのかイマイチ分かりにくいと思います。

そこで今回は、主にレースゲーム用としてウルトラワイドモニターの導入を検討されている方に押さえておくと役立つポイントや、自分の環境に合った選び方をレースゲームしかやらない私が独自の目線で紹介していきたいと思います!



レースゲームで押さえておくべきモニター選びのポイント


縦方向よりも横方向への広がりを重要とするレースゲームでは、ウルトラワイドモニターは非常に相性が良いモニターだと言えます。

しかし全てのウルトラワイドモニターがおすすめと言う訳ではなく、特にレースゲームの場合は他ジャンルのゲームとは選ぶポイントが若干違うと感じた部分もあります。

そこでまずはそのポイントや選ぶ際の注意点を私なりにまとめてみました。


モニターサイズは妥協せずに34インチ以上を選ぼう


ウルトラワイドモニターを選ぶ際にまず注意して欲しいのがモニターのサイズ(インチ数)です。

現在販売されているウルトラワイドモニターは29インチと34インチが主流ですが、2台を店頭で比較した印象としてはレースゲーム用に購入を検討しているのであれば29インチでは小さすぎると思いました。

イメージがつきやすいように画面比率16:9の通常のワイドモニターと、画面比率21:9のウルトラワイドモニターのサイズを調べてみました。

サイズ表記画面横幅(cm)画面縦幅(cm)画面比率
23型(インチ)50.8328.6316:9
27型(インチ)59.6633.6016:9
31型(インチ)68.5038.5816:9
43型(インチ)95.0253.5216:9
29型(インチ)67.3028.4021:9
34型(インチ)79.9033.5021:9


こうして見ると29インチのウルトラワイドモニターの縦幅は23インチのワイドモニターの縦幅と、34インチのウルトラワイドモニターは27インチのワイドモニタの縦幅とほぼ一緒だという事が分かると思います。

以前金銭的な妥協から27インチを諦め23インチのゲーミングモニターを購入した経験がある私からすると、レースゲームでの利用を考えているのであれば34インチ以上のウルトラワイドモニターを強くおすすめします!

適切な視聴距離にもよりますが、基本的にはモニターサイズは大きければ大きい程、運転しているという没入感は高くなると思って良いでしょう。


PCの性能に合わせて解像度を選択する


横幅が広くなるウルトラワイドモニターでは解像度も通常のフルHDモニターより大きくなり、解像度が上がるという事はその分PCへの負荷も増える事になる。

2560×1080のウルトラワイドモニターと1920×1080のフルHDを比較すると単純計算1.33倍の負荷がかかり、さらにもう一つ上の規格3440×1440の解像度の場合は2.38倍とかなり多くの負荷がかかる。


この事から比較的要求スペックが高いレースゲームの場合、現状PCスペックに余裕がある方でなければ、3440×1440解像度のウルトラワイドモニターは性能をフルには発揮しきれない可能性があり、しかも値段も高くなるので私はレースゲーム用としては2560×1080解像度で十分だと思います。

但し画面サイズが34インチほど大きくなると、小さな文字などは少し見にくくなるので、ゲーム以外の利用も考えている場合は3440×1440のウルトラワイドモニターを選択するのも良いでしょう。


リフレッシュレートと応答速度を確認する

引用元:Assetto Corsa Competizione/スクリーンショット

レースゲーム用にウルトラワイドモニターを購入するなら、リフレッシュレートと応答速度は必ずチェックしましょう。

リフレッシュレートは画面が1秒間に書き換わる回数を「Hz」という単位で表し、数値が大きいほど滑らかな映像となります。一方、応答速度は画面が切り替わるまでの時間を「ms」という単位で表しており、数値が小さいほど実際に操作してから映像が切り替わるまでのタイムラグが少なくなる。

どちらもシビアな操作が要求されるレースゲームやFPSには重要なスペックなので、理想はリフレッシュレート100Hz以上応答速度は5ms以下のモニターを選ぶと快適なプレイが出来るでしょう。

但し、スペックが上がれば当然価格も高価になますし、高リフレッシュレートを活かすには高いPCスペックも必要となるので、予算とお使いのPCスペックを考慮しながら選ぶ事も重要です。


NVIDIA G-SYNCとAMD FreeSyncを理解しよう


PC用のゲーミングモニターを選んでいると「G-SYNC」や「FreeSync」という文字を目にすると思います。

これらはゲーム側のフレームレートとモニターのリフレッシュレートが食い違う事で発生するティアリング(映像のズレ)や、グラフィックボードの性能がモニターのリフレッシュレートに追いつかない場合におこるスタッタリング(カクつき)を抑える効果があり、NVIDIAのグラフィックボードなら「G-SYNC」、AMDのグラフィックボードなら「FreeSync」という規格が該当します。

レースゲームに限らず映像のズレやカクつきはゲームの妨げになりますし、瞬間的な操作が必要な場面で発生してしまうとストレスなので、出来れば上手く利用したい機能です。


ちなみに性能的には「G-SYNC」の方が低フレーム時の追従性が高く、リフレッシュレートが変動した時に画質の変化も抑えたりと「FreeSync」より高性能だが、モニター側に専用基盤が必要となるため価格は高価になりやすい。

しかし最近ではNVIDIAのグラフィックボードでもFreeSyncでG-SYNCと一定の互換性がある「G-SYNC Compatible」というモデルも発売されており、価格を優先しつつも性能も出来る限り妥協したくないという方には「G-SYNC Compatible」対応のモニターがおすすめですね♪


おすすめゲーミングウルトラワイドモニター5選

レースゲームでウルトラワイドモニターを使うメリットや、押さえておくべきポイント少しはお役に立てたでしょうか?

当然ですが高スペックになるほど快適ではあるのですが、価格は上がってしまいコストパフォーマンスを考えるとおすすめとは言えません。

そこでここからはスペック、使いやすさ、コストパフォーマンスを考慮し厳選したウルトラワイドモニターをご紹介しますので、それぞれメリットデメリットを比較し購入の参考にしてみて下さいね♪



LG ゲーミング ウルトラワイドモニター 34UC79G-B 34インチ


まずご紹介するのはLG製21:9曲面型ウルトラワイドモニター34インチ「34UC79G-B」です。こちらは私自身も実際に購入したモデルとなります。

スペックは解像度2560×1080、リフレッシュレート144Hz対応、応答速度5msとレースゲーム用としては十分なスペックで、さらに背面にUSB3.0を搭載しておりレースゲームでハンコンを使う場合、何かとUSBポートが必要となりますので個人的に非常にポイントが高かったです!

また非公式ながら「G-SYNC Compatible」にも対応しており、実際に設定も出来ましたので公式対応なモニター程ではないにしても、一定の効果は期待できそうですね♪


ちなみにUSBは必要ないという方はAmazon限定で販売している「34UC70GA-B」がUSB無しでほぼ同スペックなので安くておすすめです♪




LG ゲーミング モニター 34GL750-B 34インチ


こちらはNVIDIAにより「G-SYNC Compatible」ディスプレイと正式に認定されたLG製のウルトラワイドモニター「34GL750-B」です。

主なスペックは解像度2560×1080、リフレッシュレート144Hz対応、応答速度5ms、そしてHDR10にも対応している事でさらなる美しい映像が再現されています。

USBポートやスピーカーこそ搭載していませんが、その分スペックの割に価格が抑えられているので、「G-SYNC Compatible」を使ってみたいという方や映像にもこだわりたいという方におすすめですね♪




Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz 35インチ


「Z35bmiphz」はAcer製35インチのウルトラワイドモニターでG-Syncテクノロジー搭載モデルとなります。

スペックは解像度2560×1080、リフレッシュレート200Hz対応(オーバークロック時)、応答速度4ms、USB3.0搭載、スピーカー内蔵とゲーム用としてはかなり優秀なスペックです。またG-Sync搭載モデルの割にお値打ちなところもポイントですね!

G-Sync対応モデルをお考えの方や、ウルトラワイドモニターではトップクラスのリフレッシュレート200Hzを体験したい方におすすめですね♪




ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG35VQ 35インチ


最後にご紹介するのはASUS製「ROG STRIX XG35VQ」ゲーミングモニター35インチです。

スペックは解像度3440×1440、リフレッシュレート100Hz対応、応答速度4ms、USB3.0搭載でリフレッシュレートこそ他モニターより少し劣りますが実際は100hzもあれば十分快適にゲームが可能です!

このモニターは解像度が高く2560×1080と比較すると画像が綺麗に見え、細かな文字も見やすくなるというメリットがあります。また採用されているVAパネルは発色が良いと好評なのでゲームはもちろん、それ以外でもオールマイティーに使いたいという方におすすめですね♪




あとがき

レースゲームと相性抜群なウルトラワイドモニターの紹介はいかがだったでしょうか?

通常のワイドモニターと比較するとウルトラワイドモニターは確実に違いを感じ取る事が出来ますし、実際レースゲームでコーナーの先が見える事で運転もしやすくなったと実感しています。

また個人的には視聴距離を近づける事でウルトラワイドモニターでも十分な視野角を確保できますので、トリプルモニターの導入を考えている方にもおすすめだと思います。

では、みなさんも良いレースゲームライフをお送りください♪