4kじゃないけど.jpeg

 

従来のPS4よりCPUやGPUが高性能になった「PS4Pro」と、小型・省電力化し値下げされたスリムモデルの新型PS4ですが、私が興味をそそられるのはやはり「PS4Pro」の方ですね。

 

その強化されたスペックの特徴の一つとして4K映像出力への対応があり、この機会に4Kテレビやモニターの購入を検討されている方もいるかと思いますが、私はPS4Proに合わせて無理に4Kモニターを購入する必要は無いと思っています。

 

そこで今回はPS4ProはフルHDモニターでも十分性能を活かせる、と言う事を私なりに説明していきたいと思います♪

PS4Proでも4Kゲーム出力時はフレームレートが犠牲になる

よくよく考えれば当然なのですが、4K映像を安定したフレームレート(60fps)でプレイするにはPS4Proでは難しいです。

 

公表されているPS4Proの性能ですが、グラフィック処理能力は従来のPS4の約2.3倍となっており、一方フルHDと4Kの解像度の違いによる処理能力の差は単純に考えても4倍かかります。(4KモニターはフルHDモニター4枚分)

 

さらに従来のPS4ではフルHD解像度のゲームをプレイしていても、負荷がかかる場面ではフレームレート60fpsを維持できず処理落ちしたり、処理落ちを防ぐためにフレームレートを30fpsに固定したりとフルHDモニターでさえ十分に性能を引き出せていませんでした。

 

そう考えると処理能力が2.3倍になった程度ではとても4K映像で60fpsのプレイは不可能だと言う事がわかると思います。

 

そしてゲームのジャンルにもよりますが、私はレースゲームやFPSなど激しい動きが多いゲームをプレイする際には、画質よりフレームレートの方がゲームとして重要だと思います。

 

4kじゃないけどprojectcars.jpeg
引用元:PS4スクリーンショット/プロジェクトカーズ

 

こちらは従来のPS4でプロジェクトカーズを35台フリープレイで走行した場面ですが、このように多くの車を一度に処理する場面では明らかにフレームレートが落ちてしまい、これではいくらグラフィックが美しくてもゲームとしてはとても快適とは言えない状態でした。

 

この症状と同じような事がPS4Proで4K映像のゲームをプレイする場合にも言えると思うのです。グラフィックに力を入れ過ぎてカクカクの映像になるより、私はフルHD映像で60fpsのスムーズに動く映像の方がプレイして気持ち良いですし、ゲームとしては快適に感じると思いますね♪

 

やっぱり高い4Kモニターとお買い得なフルHDモニター

4KモニターとフルHDモニターがもし同じ値段であればわざわざフルHDを選びはしません。

 

しかし現在発売されている4Kゲーミングモニターは安くても5万円前後からで数年前と比較するとかなり安くはなったものの、15000円程から購入できるフルHDのゲーミングモニターと比較するとまだまだ高額でその価格差は歴然です。

 

この価格差を考慮すると性能をフルに引き出せない4KモニターをわざわざPS4Proの為に購入するメリットはさらに少なくなりそうですね。

 

ではPS4 Proでは4Kモニターを買っても意味がないのか?

 

いえ、そうではありません!

 

確かに価格が高く、4Kの性能をフルに引き出せないPS4ProではフルHDモニターで私は十分だと考えていますが、4Kモニターの性能をフルに引き出せなくてもPS4Proの性能はフルに引き出したいと言う方や、やっぱり4K映像を体験してみたいという方もいる事でしょう。

 

4K映像をフレームレート60fpsで安定したプレイは難しくともやはり4K映像の美しさは魅力があり、フレームレートをさほど重要視しないRPG系のゲームであれば4Kモニターの恩恵は十分あります!

 

要はPS4Proでは4Kモニターを購入する意味はあるが、価格に見合っただけの性能を引き出すまでには至ってないという事で、逆に言えば予算が許すのであれば4Kモニターを選んだ方が後悔しないかもしれません。

 

以上がPS4ProでもフルHDモニターは十分に戦える理由であり、PS4Proの為だけに無理して4Kモニターを購入する必要は無く、価格重視の方はフルHDモニター、映像重視の方は4Kモニターを検討してみる方が良いでしょう!

 

またPS4用フルHDゲーミングモニターについては、PS4に最適で安いをコンセプトにおすすめゲーミングモニターを紹介しておりますので併せて参考にして頂ければと思います♪

 

記事がお役に立てばシェアおねがいします
カテゴリー
タグ