PSVR対応!現実の向こうへ連れて行ってくれるおすすめレースゲーム

PSVR-ranking.jpg
プロジェクトカーズ/PS4スクリーンショット

最近ようやく在庫状況も良くなり普通に購入出来るようになったプレイステーションVR(以下PSVR)ですが、さらに2018年3月29日より1万円の値下げとなり3万4980円で購入出来るようになりました!

そこで今回は購入のハードルがグッと下がったPSVRで、VRとの相性が抜群なPS4対応おすすめレースゲームをいくつか紹介したいと思います!

現状はまだまだPSVR対応のレースゲームは少なく存分に可能性を活かしきれてない状態ですが、圧倒的な臨場感、爽快感はプレイする価値ありなのでPSVRをお持ちの方はもちろん、これから購入予定の方も是非参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

PSVRでレースゲームを始める前に用意すべき機器

当初私はPSVRとPS4さえあればプレイできると思っていたのですが、PSVRを始めるにはPSVR本体以外にもいくつかの機器が必要となります。

そこでまずはPSVRを始める前にまずは必要になる機器を確認しておきましょう!

PS4もしくはPS4Pro

本体はPS4とPS4Proどちらでもプレイは可能です。

価格は標準モデルPS4(500GB)が29,980円に対しPS4Pro(1TB)は44,980円とPS4Proの方が15000円程高い設定となっているが、高性能なPS4Proの方がよりきれいなグラフィックと安定したフレームレートでPSVRを楽しむ事ができます。

そこでどちらを購入したほうが良いのか?という疑問がでるだろうが、レースゲームをプレイするにはPS4Proを強くおすすめしたい。

この記事を書く前にPS4とPS4Proの比較など様々な下調べをしましたが、現時点では正直グラフィックが劇的に向上すると言う訳では無いようです。

しかしPS4Proの受けられる恩恵はグラフィックの向上より安定したフレームレートで遊べると言う方が魅力で、レースゲームにはこのフレームレートがかなり重要な要素となる為メリットも大きいと言えるでしょう。

さらに安定したフレームレートを確保するメリットとしてVRレースゲームをプレイする際に懸念される3D酔いにも多少なりとも効果がありそうだ。

そもそも3D酔いの原因の一つとして自分が予測した動きや感覚に対しVR映像の方がズレて映し出されることによって脳が不自然な感覚になり酔が発生すると言う意見があり、このズレは基本的に0にする事は難しいが出来る限りズレを感じさせない方法として安定した高フレームレートを確保する事が重要となってくる。

いずれにしても15000円の差額であれば今からPS4を新しく購入する方は特にPS4Proの方がおすすめと言えるでしょう♪

PS4とPS4Proの違いについては下記にも詳しく解説してますので、良かったら併せて読んでみて下さいね♪

今からPS4買うならPS4Pro一択!非4Kユーザーが比較検証!
PS4の購入や買い替えを考えている方であればコンパクトで価格が安くなったPS4Slimと、価格は高くなるがより高性能になったPS4Proのどちらを購入した方が良いかで悩まれると思います。

また2017年3月9日に公開されたPS4「システムソフトウェア バージョン 4.50」によってPS4Proにブーストモードが追加され、PS4Pro用にアップデートされていない過去のソフトもより安定したフレームレートでプレイが可能となりました。

その恩恵が受けれるタイトルにはプロジェクトカーズやアセットコルサも入っており、PS4proを購入するメリットはさらに高くなるでしょう!

PlayStation Camera

PlayStation CameraにはPSVRの動きを感知するトラッキングの役割を持っており、PSVRをプレイするには必ず必要な機器になります。

またこのカメラはPlayStation Cameraで無くてはならず、例えばPS3の時代に発売された「PlayStation Eye」などはPS4では認識されないので注意してください。

PlayStation Cameraをお持ちで無い方は単品で購入するか、PSVRのカメラ同梱版を購入する事になるがカメラ同梱版の方が費用的には安く済みますので、新しく購入する方は同梱版がおすすめですね♪

PS4を繋げるモニター

一応PS4とPSVRとPlayStation Cameraさえあればプレイは出来るのですが、プレイステーションVR「よくある質問」ページで確認したところ初期設定時などはモニターを見ながら設定する必要があり、さらに一部のソフトではモニターやTVに接続しなければプレイできないタイトルもあるとの事でした。

さらに一人でプレイするには良いが二人以上でプレイするには当然モニターやTVが必要になりますので、必須では無いが基本的に接続を前提と考えたほうが良いでしょう。

またPSVRのためだけに新しいモニターを購入する必要な無いですが、PS4はHDMIでしか接続が出来ないので安く抑えるために古いモニターやTVを購入の際にはHDMI入力があるかを必ず確認しましょう。

ハンドルコントローラー(ハンコン)

必須では無いです。標準のワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)でもPSVRは十分に楽しめます。

ただハンコンを導入すると面白さは7倍になります!!

これについては説明不要でしょう。PSVRとハンコンを同時に利用した場合を想像してください、 それはもう計り知れないです!さらば現実です♪

詳しい解説などハンコンについてはこちらを参考にして頂ければと思います。

レースゲームが7倍楽しくなるおすすめハンコン比較
私は今まで様々なハンドルコントローラー(以下ハンコンと記載)を使ってきましたが、タイトルにもあるように「レースゲームが7倍楽しくなる」、これは大げさではなく本当にハンコンにはそれほどの魅力があると思っています。

以上がPSVRをプレイするのに必要となる機器になりますのでPSVRをプレイする前に一度確認しておくと良いでしょう。

では現実の向こう側へ行く準備が整ったらおすすめのレースゲームを見ていきましょう♪

PSVR対応おすすめレースゲームランキング

ドライブクラブVR(発売日:2016/11/17)

今まで挙動の修正やリプレイ機能、ウェザーシステム(ドライブクラブVRでは非対応)、日本車の追加など数々のアップデートを繰り返しレースゲームとして完成度を高め続けてきたドライブクラブが今度はPSVRに対応でさらに進化して帰ってきました!

主な変更点はグラフィックのPSVR最適化と3Dオーディオ(立体音響)への対応、さらにドライブクラブVR独自の機能として「インスペクション」機能、「パッセンジャー」機能、「クルーズモード」が追加されており、これによって様々なアングルからの車鑑賞はもちろん、リプレイ時に助手席へ移動して鑑賞したり、入手した車でゆっくりドライブしたりとPSVRならではの機能が追加されている。

driveclubvr.jpg
引用元:DRIVECLUB VR/PlayStation.Blog

挙動は通常版のドライブクラブ同様カジュアル寄りな操作性となっており、さらにセッティンの「ブレーキアシスト」や「ハードコアハンドリング」の項目を調整することであまりレースゲームをやったことがない方でも楽しみやすく、逆に各アシスト機能をオフにすることでシミュレーターに近いプレイも可能だ!

またVRに対応したことで通常のモニターでは感じ取りにくかった横の車も振り向く事で確認できるので、コーナーで無理やり相手ラインに入り込みクラッシュと言う状況に対応しやすくなった事もVRでレースゲームをプレイする際の大きな恩恵と言えますね。

driveclubvr2.jpg
引用元:DRIVECLUB VR/PlayStation.Blog

グラフィックこそ本編のドライブクラブに劣ると言う意見や、人によってはVR酔いすると言うも意見もありますが、PSVRならではのその圧倒的な臨場感はレースゲームファン以外の方にも是非プレイしていただきたい作品です!

DiRT Rally(ダートラリー)(発売日:2016/4/5)

以前より何度かご紹介していましたPS4の名作ダートラリーが2017年2月17日のアップデートによりPSVRに対応しました!

ゲーム内容はタイトルの通り主にダートコースをラリーカーで走るレースゲームなのだが、カジュアルな挙動のドライブクラブとは違いシミュレーター要素が強い挙動で、しっかりとしたブレーキング、アクセルワークが必要となりレースゲーム好きの方も満足な難易度となっている。

ダートラリーの特徴としてはダートコース特有の凸凹感や砂利道、雪道、舗装道路などそれぞれの質感が非常に高い次元で表現されており、サウンド面でもエンジン音はもちろん砂利を蹴る音や車体の軋み音まで良く再現されておりプレイしていて気持ちがいい!

グラベルダート.jpg
引用元:DiRT RALLY/PS4スクリーンショット

さらにハンコン使用時のフィードバックもかなりリアルに再現されており、ジャンプ中のステアリングが抜ける感じや接地時の振動、タイヤが滑る感覚などそれはまるで実車を運転しているかのようで、ここにVRが追加される事を考えるとその表現力はもはや計り知れない。

またゲーム内容のボリューム、やり込み要素も豊富なのでPS4で本格的にVRレースゲームをプレイしたい方には是非一度チャレンジして欲しいタイトルですね♪

そんなおすすめなダートラリーだが日本では未発売のタイトルな為、VRモードを追加アップデートするには海外のアカウントを取得する必要がある。

アップデート方法を簡単に説明すると以下の2パターンになります。

【通常版DiRT RALLYを購入しアップデートする場合】

北米アカウント取得→北米PSNにチャージ(※日本のクレジットカードでは決済できない)→ダウンロード

【DiRT Rally VR Update Editionを購入の場合】

北米アカウント取得→DLCコードを入力→ダウンロード

海外アカウントの取得方法や北米PSNへのチャージ方法は以下のページにて説明していますので宜しければ参考にしてください。

PS4を遊び尽くせ!海外アカウント取得で北米PSNに安くチャージする方法!!

少しでも手間を減らすにはやはりDLCパスコードが同封された「DiRT Rally VR Update Edition」がおすすめですね♪

グランツーリスモSPORT(発売日:2017/10/19)

日本が誇るドライビングシミュレーターの代表作グランツーリスモシリーズ最新作「グランツーリスモSPORT」もPSVR対応となっている。

シミュレーター系レースゲームは難しいと思われる方が多いと思いますが、グランツーリスモSPORTでは「リアルな挙動は、運転がしやすい」をコンセプトに初心者から上級者まで楽しめるよう挙動面に置いても新たな試みが施されている。

収録車種についても各国のメジャーなメーカーはもちろん、さすが日本のレースゲームだけあって日本車が多く収録予定であり、これは日本車が少ないシミュレーター系のレースゲームにとって非常ありがたい!

またグランツーリスモSPORTではPS4proによる4K解像度やHDR環境にも対応しており、そのグラフィックは他のレースゲームの中でも明らかに群を抜いている。4KテレビやHDRこれらの環境をお持ちの方はPS4proを導入する事でよりリッチな映像を楽しめることは間違いない。

gtsport.jpg
引用元:光を感じるグラッフィクス/グランツーリスモSPORT

そんなグランツーリスモSPORTのVRモードでの仕様だが、特徴として全てをVR対応にするとプレイヤーの負担になると言う見解からVR対応は「VR Tour」と言われる一部モードのみとなっており、全てがVRモードに対応するドライブクラブやDiRT RALLYとは少し違う仕様となっている。

ドライビングシミュレーターとしての新たな挑戦を続けるグランツーリスモSPORT。レースゲームファンであれば必ずプレイしてみたいタイトルですね♪

PSVR対応レースゲームのご紹介はいかがだったでしょうか?

VRならではの圧倒的な臨場感は今までのレースゲームの楽しみ方を根底から覆す程の可能性を秘めていると私は思っています。10年後のレースゲームはむしろVRの方が主流になっているかもしれないですね♪

この記事を見てVRとレースゲームの可能性を、私と同じように感じて頂けたのでしたら幸いです!

またPSVR以外のおすすめレースゲームについても別ページにてご紹介しておりますので、良かったらこちらもご覧いただければと思います♪

【PS5/PS4】レースゲーム好きが選ぶおすすめレーシングシミュレーター達!!
ソニーの家庭用ゲーム機PlayStationですが、PS4は発売から11年そしてPS5も4年が経過し、今では多くのレースゲームが出揃い色々と比較が出来るようになりました。 そこで今回はそんなレースゲームの中でもレーシングシミュレーターと言われる、実車の様なグラフィックにリアルな挙動が特徴のおすすめ名作ソフトをご紹介していきたいと思います!

コメント

  1. Huayra SN1105 より:

    VRもProも都内ですと全くもって店頭在庫が無いんですよね。じゃあネット通販はというと転売屋が跋扈していて一万円以上乗せて売られていますし・・・。

    各所で絶賛されているPSVRですがレースゲームでは臨場感UP以外に、サイドバイサイド時に真横を確認できたり、車内視点でちゃんとミラーが利用できる点、コーナーリング時にクリッピングポイントを見ながらハンドリングできる点が魅力ですね。

    Project Cars2の新規収録日本車ですが各所でスクリーンショットがUPされていて、NSXの他にもGT-RGT3・IMSA GTP・IMSA GT 300ZXターボなどが収録確定しています。噂レベルでは32GT-RのグループAマシンやR89Cもあるとか・・・。往年の怪物レースカー好きにはたまりません(笑)

  2. kokoro より:

    確かにVRとPS4proの在庫状況は厳しいですね、PS4proは一度だけ店頭在庫があったのですが今はまた入荷待ちになってました。
    みなさんには今すぐでは無くても良いので、せめて定価で購入できるようになってからおすすめしたいですね♪

    VRの魅力にもHuayraが仰る通り、サイドバイサイド時、車内視点でのミラー確認、コーナーリング時のクリッピングポイント確認の向上は期待大ですね!

    特に1モニターでコックピット視点の場合視野の狭さから、角度がきついコーナーによっては出口が見えづらくクリッピングにもつきにくいですし、コーナー出口に視点を移せることは非常にメリットになると私も思います。(コースを覚えればある程度対応は可能ですが^^;)

    プロジェクトカーズ2の日本車魅力的ですよね、私もスクリーンショット何枚か確認しましたがワクワクが止まりません♪
    32GT-Rにも是非参戦して欲しいですね!

    >Huayra SN1105さん
    >
    >VRもProも都内ですと全くもって店頭在庫が無いんですよね。じゃあネット通販はというと転売屋が跋扈していて一万円以上乗せて売られていますし・・・。
    >
    >各所で絶賛されているPSVRですがレースゲームでは臨場感UP以外に、サイドバイサイド時に真横を確認できたり、車内視点でちゃんとミラーが利用できる点、コーナーリング時にクリッピングポイントを見ながらハンドリングできる点が魅力ですね。
    >
    >Project Cars2の新規収録日本車ですが各所でスクリーンショットがUPされていて、NSXの他にもGT-RGT3・IMSA GTP・IMSA GT 300ZXターボなどが収録確定しています。噂レベルでは32GT-RのグループAマシンやR89Cもあるとか・・・。往年の怪物レースカー好きにはたまりません(笑)