2016年11月に購入したハンコンThrustmaster T300RSですが、購入してもう3年以上経過しており、途中パドルシフトの劣化による不具合があったものの、まだまだ元気に頑張ってくれています。

しかし購入した方の中にはT300RSは故障しやすいというレビューも見られ、安い買い物ではないので不安に感じている方もいるのではないかと思います。

そこで今回は私が実際に3年間どのように使い続けてきたのかをご紹介しますので、T300RSをお持ちの方やこれから購入を検討されている方の参考にして頂ければと思います!



T300RSは本当に壊れやすいのか?


T300RSの壊れやすさについてですが、個人的には特に壊れやすいハンコンだとは思いませんし、実際私の周りでもT300RSを使用していてすぐ故障したという方もあまり聞かないです。

ただし機械ものなので個体差もありますし、使用する頻度や負荷のかけ方次第で大きく寿命が変わる事も確かに考えられます。


具体的にはサーキットのようなコースでグリップ走行よりも、ドリフト走行の方がモーターやベルトに負荷がかかりやすいですし、ダートコースのような常に振動がハンコンに伝わる場合、通常よりも多く負荷がかかっているはずです。

また各ゲーム内のフォースフィードバックの強さ設定もモーターの寿命に影響があると私は思います。


この様にハンコン内部のモーターやベルト、またはそれらを制御している基板などに負荷がかかるほど寿命は短くなり、故障のタイミングも早くなると思います。

そこで出来る限り負荷を抑えるために今まで行ってきた方法をいくつか紹介します♪



使わない時はハンコンのUSBはオフにする

ハンコンはUSBでPS4やPCに接続するのですが、基本的にUSBポートに挿しっぱなしという方が多いのではないでしょうか?

かく言う私も始めはPS4に挿しっぱなしで使用していました。

しかしPCでハンコンを使用するようになってから、電源を落としてもUSBを挿しっぱなしだとハンコンから微かに「ジー」とコンデンサ音のような音が出続けている事に気が付きました。


微かな音なのでそれ程気にする事ではないかもしれませんが、電流が流れている以上ハンコン側に多少なり負荷がかかり続けている事になります。

そこで少しでもハンコンの負荷を減らすために、私はこのようなスイッチ式のUSBハブを使いオンオフを切り替えています。


もちろん直接USBを抜き差しするのも良いですが、プレイする度に毎回抜き差しするのはあまりにも面倒です。

さらに私のPC環境の場合USBを挿しっぱなしだと、電源オン時とwindowsログイン時それぞれでハンコンのキャリブレーションが行われるので、これを解消するためにも購入して良かったと思います。

ただしT300RSは使用後でもモーターの余熱を冷ますために、5分から最大で45分ほど冷却ファンが回り続ける仕様になっています。

USBの接続をオフにするとファンの動作も止まってしまいますので、ある程度モーターが冷えたタイミングでスイッチをオフにする方が良いでしょう。


ちなみに私が購入したUSBハブはこちらで、マグネット式でPCに簡単に固定できるのでかなり使い勝手が良くおすすめです♪





強制クーリングファンモードでモーターの熱対策

ハンコンのフィードバックを再現しているモーターの熱対策のために、T300RSを「強制クーリングファンモード」に切り替えています。

設定方法は簡単でハンコン本体左側の「MODE」ボタンと、ステアリング側の「OPTION」ボタンを同時押しで切り替えが可能です。

※ALCANTARA Edtionステアリングの場合はMAINボタンを右にひねるとOPTIONボタンです。

強制クーリングファンモードが設定されるとMODEランプが2回点滅しファンが常に回っている状態になります。ちなみにもう一度「MODE」ボタンと「OPTION」ボタンを押すことでMODEランプが1回点滅し通常モードに切り替わります。


このモードを使う事でモーターの熱対策はもちろん、T300RSの弱点でもある長時間使用すると内部温度が高くなり、強制的にフォースフィードバックが弱くなるという問題にも有効だと思います。

またこのモードを設定しファンを酷使しすぎて壊れても、T300RSで使われているファンは画像のように一般的に販売されているPC用ファンと交換が可能です。

ファンはサイズ60mm×60mm×10mm 12V 0.25Aのものが使用されていました。

常にファンが回り続けて少しうるさいですが、ハンコン保護の為には設定しておいた方が良いでしょう。



分解して内部のメンテナンス

次はハンコンT300RS本体のカバーを外して内部のメンテナンスを行います。

※ハンコンを分解するとメーカー保証が受けられなくなる恐れがありますので、分解・調整は自己責任でお願いします。


まずはT300RS本体からステアリングを外して赤丸のネジを外し正面のカバーを取ります。


カバーを外したらその内側の赤丸3か所のネジも外します。


次はT300RSの裏面の青丸5か所のネジを外します。


そうすると上部カバーの奥側が上に浮き上げる事が出来るので、その状態で前に押し出すとカバーのツメが外れて上部カバーが外せます。


かなりがっちりツメがかかっていますので、片側づつ少し強めに押し出すと外しやすいと思います。



無事カバーが外せたらこの様にT300RSの内部が見えます。



中央に見える白いプラスチック部分がステアリングの回転に連動して上下に動く仕組みになっているます。


3年も使用しているとさすがにグリスも減ってますので、グリスアップしてT300RSの負荷を減らしてあげましょう♪


ちなみに私が用意したグリスはプラスチック用途にもOKなAZ製のシリコーングリースです。



これだけ塗っておけば当分大丈夫でしょう。

また「CRC5-56」のような潤滑剤を使うと、侵食してプラスチックが脆くなる場合があるのでメンテナンスにはグリスがおすすめです。




次はベルトの張り具合もチェックしてみましょう。


指でベルトを押した感じでは程良く張っていたのでそのままでも良いかと思いましたが、3年間そのままでしたので少しだけ張りを強くしてみます。

ベルトの張りを調整するには画像の赤丸のネジを4本緩め、モーターの固定位置を上下に動かし調整します。


あまり強く張り過ぎるとプーリーの固定部分を痛めてしまいますので程々にしておきましょう。


最後に内部のホコリやゴミを掃除しながら、負荷がかかりそうな部分に割れや亀裂が無いかをチェックします。


特にモーター回りは熱や負荷がかかりやすいので十分にチェックしておいた方が良いですね!

チェックし終えたらこれで今回のメンテナンスは完了です♪



おわりに

今回のT300RS分解メンテナンスはいかがだったでしょうか?

分解して内部を見るまでは3年も使用しているとベルトにヒビや、プラスチックなどに劣化があるかと予想していましたが、意外にも大きな痛みはなくまだまだ使っていけそうですね!

ハンコンは高価な商品なので、壊れたからといって簡単に買い直せるものではないので少し安心しました。

皆さんのハンコンもこの記事によって少しでも寿命が延びれば幸いに思います♪