Thrustmaster T300RSを購入して1年半程が経過しましたが、今まで一度もファームウェアの更新(アップデート)を行った事がありませんでした。

更新しなかった理由は、そのままでも特に不具合を感じる事が無かった事と、何となくめんどくさいと思っていたからです。

しかしThrustmaster公式サイトではファームウェアをアップデートすることで、「製品機能の改良・強化が図られる」との事でしたので、今回はT300RSをアップデートする方法を紹介したいと思います!


T300RSを手動アップデートする手順

T300RSのアップデートはThrustmaster公式サイトよりドライバをPCへインストールし、その後PCとT300RSを接続してファームウェアの書き換えを行う。

以下に私が行った詳しい手順を記載しますが、「T300 Ferrari Integral Alcantara Edition」をWindows10環境でアップデートした場合であり、その他の環境の場合は手順が違う可能性や、間違えた方法でアップデートした場合故障の原因になる場合も否定できませんのでアップデートする場合は自己責任でお願いします


①まずアップデートする前にT300RSをPCで認識させるにはMODEを「PS3」に切り替える必要がありますので、途中で忘れる前にこの時点で先に切り替えておきましょう。


②下記Thrustmaster公式サイトのサポートページにアクセスする。
https://support.thrustmaster.com/ja/cat-wheels-ja/

③お使いのハンコンを選択してページ内の「ドライバ」を開き、「DRIVERS FORCE FEEDBACK (Package 2017_TTRS_7) + Firmware 」をインストール。

※この時点ではまだPCとハンコンは接続しないで下さい。

④インストールの最後に「インストールしたいThrustmaster FFB製品をすべて接続して下さい。」とT300RSの接続指示が表示されますので、そこでT300RSをPCに接続して「次へ」をクリック。


正常にインストールが完了すると再起動のメッセージが出ますので、ここで一旦再起動しましょう。

⑤再起動すると「Control Panel 」「Firmware Update」「Update Service」アプリが追加されています。まずは「Control Panel 」を起動し「プロパティ」から現在のT300RSのバージョンを確認してみましょう。


一度もアップデートしていなかった私のT300RSはファームウェアが「25」となっていました。2018年5月現在の最新バージョンは「28」となっていますので、最新バージョンになってない方は⑥に進みバージョンアップしましょう。

⑥先程インストールされた「Firmware Update」アプリを起動すると以下のような画面が立ち上がります。


「Device」に表示されている方が現在のバージョンで、「Firmware」の方がこれから適用されるバージョンになります。

準備ができたら「OK」をクリックすると更新が始まります。

更新中はMODEランプがOFFになりますがこれは仕様なので気にせずに放置。
※ファームウェアのアップデート中はUSBや電源コードを絶対に抜いたりしないで下さい。

約1分程で更新は完了します。

⑦更新が完了したらもう一度「Firmware Update」を立ち上げ、「Device」欄が最新(今回の場合ですとFirmware:28)に書き変わっていたら成功です!


私の環境ではハンコンのアップデートは更新しなくてもPS4で問題無くプレイ出来ていましたが、最新ゲームへ対応など今後アップデートが必要になる場合もあるかもしれませんので、まだアップデートされてない方はこの機会に更新してみてくださいね♪