以前購入しましたスラストマスター製シフターTH8Aですが、主にパドルシフトが無かった時代の車を運転する時に活躍しており、やっぱりシフトはHパターンが面白い!と思わせてくれる、今となっては欠かせないパーツになってます。

しかしそんなTH8Aにも不満点があり、それは4速から5速へシフトチェンジの際に勢いあまって7速へシフトミスしやすい事です。

このシフトミスはのんびり走る時はシフトを意識しながらギアチェンジ出来るのでまだ良いのですが、本気で走るとつい力みすぎて7速へ暴発してしまいストレスになります。


そこで今回はTH8Aの7速暴発防止の為に、自作暴発KITを作成して7速ゲートを封印してみましたのでご紹介したいと思います♪



簡単7速暴発KIT作成の手順

暴発KIT作成にあたって私が用意したものは「いらなくなったCD」と「ハサミ」だけです。


このCDをカットして7速ゲートに挟み込んでいきます。作業自体は非常に簡単なので10分もあれば作成可能ですし、内部を分解などする必要も無いので保証が効かなくなる事もありません。


ではまずTH8Aのシフトノブとプレートを外します。


外したプレートの外枠を使い画像のようにCDに印をつけてカットしていきましょう。




ハサミで切った場合、切り口にヒビなどが入ると思いますが、この部分は最終的には見えなくなりますので問題ありません。

またそのままではカットしたサイズが大きすぎてリバースギアのゲートも塞いでしまうので、少しずらしてリバースギアの通り道を確保出来るように追加でカットします。


プレート裏には突起部分やネジ穴がありますので、その部分も追加でカットします。


最後はカットしたCDを挟み込んだ状態でプレートとTH8A本体を元に戻し、1速から6速とリバースギアの入りに問題無いかを確認して完成です!



自作7速暴発KITいかがだったでしょうか?

当たり前ですがこれでもう7速へシフトミスする事は無くなりました♪


また実際の使い心地ですが動画を見て頂いた方が分かりやすいと思いましたので撮影してみました。



CDを挟み込んだ事でガタやシフトの入り方に違和感が出たりなども無く、4速から5速へ気を遣わずシフトチェンジ出来るようになった事が一番うれしいですね!

簡単に出来るカスタムなので、もし7速の暴発にストレスを感じている方がいましたら是非一度お試しください♪