2018年3月29日より価格改定で1万円の値下げとなったPlayStation VR(以下PSVR)ですが、新価格は34,980円+税とかなり買いやすくなりましたね。この機会に購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

かく言う私もこのタイミングで念願のPSVRを購入した一人で、今はVRとレースゲームの可能性をじっくり堪能している最中です♪

そこで今回はPSVRを実際にプレイした感想をもとに、皆さんにもおすすめ出来る商品なのか?自分にとって本当に必要なアイテムだったのか?

これをもう一度PSVR購入前にこのブログで確認して頂ければと思います!


改良が施された新モデルをチェック

今回私が購入したPSVRは「Days of Play Special Pack」という、PSVRにPS CameraとPlayStation Move2本がセットになったスペシャルパックで内容物は以下のようになってました。


・VRヘッドセット × 1
・PlayStation Camera × 1
・プロセッサーユニット × 1
・HDMIケーブル × 1
・USBケーブル × 1
・ステレオヘッドホン(イヤーピース一式)× 1
・電源コード × 1
・ACアダプター × 1
・モーションコントローラー(PlayStation Move)× 2
・ストラップ × 2

PlayStation Moveについては当初購入するつもりは無かったのですが、PSカメラ同梱版と1000円程しか値段が変わらなかった為とりあえずこちらを選んでみました。


また新モデルPSVRの型番は「CHU-ZVR2」となっており、初期モデルの「CHU-ZVR1」から改良が施されたマイナーチェンジモデルとなっている。

その主な変更点の1つはPS4とPSVRを繋ぐプロセッサーユニットがHDRパススルーに対応した事です。


これによってHDR出力で遊ぶ場合でも、画像のようなゴチャゴチャした本体裏から毎回ケーブルを付け替える必要が無くなるので、HDR対応のテレビを持っている方は劇的に手間が解消されそうですね。


2つ目はヘッドホン端子と音量調節/マイクのミュートボタンがPSVR本体に設置された事です。


これによって手元で操作しやすくなっただけでなく、ケーブルが簡略化されるのでVRの宿命でもあるケーブルの煩わしさも多少だが解消されました。


ちなみに解像度やフレームレートなどPSVR自体の性能には変更は無く、あくまで今回は利便性の改善によるマイナーチェンジという位置づけとなっているので、すでに初期モデルを所有している方が新しく買い直す程では無いと私は思います。

しかしこれからPSVRを購入する方はあえて初期モデルを購入するメリットは無いので、その場合は必ず新モデルの「CHU-ZVR2」を購入するようにしましょう!



未来を感じた衝撃のファーストプレイ

PSVRで初めてプレイしたゲームはグランツーリスモSPORTだったのですが、もちろん購入する前に色々な記事や動画レビューを見ていたので、VR映像がどんなものかある程度は想像が出来ていました。

引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


しかし実際にPSVRを装着してVR映像を見た瞬間、VR映像はモニターで見るのとPSVRのようにVRゴーグルで見るのでは全く別物だと思い知らされました。

よく「圧倒的な没入感!」というレビューを目にすると思いますが、まさにそれが一番ふさわしい言葉だと思います。実際に運転しているかのようだけではなく、あたかも運転席に自分が乗っているという感覚にさせてくれます!

さらにVRで運転した場合、コースの奥行きや高低差がモニターの映像より明らかに感じ取りやすくなります。比較の為にフルHDモニターとPSVRそれぞれで同じコーナーのスクリーンショットを撮ってみました。

【フルHDモニター映像】

引用元:グランツーリスモSPORT/スクリーンショット


【PSVR映像】

引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


PSVR映像の方がより上っているコーナーに見えませんか?

正確にはPSVRの方はこの映像が更に立体的に見えるという感じで、この感覚をうまく説明できないのがもどかしいのですが、初見で間違いなく気が付く程の違いがありとにかく衝撃的な映像でした!


次に感じた事は頭の向きに合わせ360度の映像を見渡せるVRでは、ピラーが邪魔で確認出来ない様な角度が深いコーナーでもコース先が見やすくなります。

グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


これは単純に走りやすくなるだけではなく、コーナーのエイペックス(エイペックスとはコーナー内側の頂点の事です)も確認しやすくなるためライン取りや、コーナー途中での微調整がしやすくなり、これはVR特有のメリットと言えるでしょう!



まだまだ発展途上で課題も残る

PSVRが新しい可能性を秘めたアイテムである事は身をもって体験しましたが、どんな衝撃的な体験もいづれ必ず慣れが出てきますし、メリットがあればデメリットもあるものです。

そのデメリットの中でもPSVRで良く聞く不満点が画質の劣化VR酔いの問題ではないでしょうか?

画質の劣化については百聞は一見にしかずという事で、フルHDモニターとPSVRでコックピット視点と車内をそれぞれ撮影してみましたので見比べて見て下さい。

【フルHDモニター】

引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット



【PSVR】

引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


引用元:グランツーリスモSPORT/PSVRスクリーンショット


スクリーンショットの画像だけ見ると意外に劣化を感じないのですが、実際にプレイしている時の映像は解像度が低く全体的にボヤケた印象を受けました。

ちなみにこの映像はPS4Proで撮影しており、通常のPS4より多少高画質化されているのですが、それでも10人中10人が「PSVRの方が画像が粗い」と答える程の違いがあると思います。

しかし私は単純に「画質の劣化=ゲームの面白さが損なわれる」とは思いません。

むしろこれくらいの劣化であれば十分レースゲームとして成り立ちますし、それ以上にVRの没入感の方がレースゲームへのメリットは遥かに大きいと思います!

それに本当にレースに入り込むと画質なんて左程気にならないものですよ♪


次にVR酔いについてですが、確かにレースゲームはVR酔いしやすいジャンルだと思います。

私もプレイした初日は20分程でかなり気持ち悪くなり、やばいPSVR購入して失敗したかなと思いました。


そもそもVR酔いが起こる原因ですが、一般的にはVRで見た映像と実際の体の動きにズレが生じると脳が混乱して「酔い」が起こると言われており、レースゲームの場合は映像の移り変わりが他のゲームに比べて速いので、そのズレも起こりやすいと言えそうです。

さらに一番強く酔を感じた場面がコーナーでアンダーが出た時、バックで発進した時、クラッシュして横転した時など、自分の思った挙動と違う映像を見た時が一番酔いを感じました。


そこで私が試した事は、車の挙動をある程度予測して運転する、むやみに目線は動かさずスムーズな視点移動を心がける、それでも横転したり激しく映像が移り変わる場面では目を閉じる。これらを何となく意識してプレイしてみました。

すると二日目、三日目と徐々にVR酔いしにくくなり、意識しながらプレイする事はVR酔いの慣れにもつながると感じました。

また基本的な事ですが体調が悪い時はプレイを控え、もし気持ち悪くなりかけたらすぐに休憩を挟むのも有効な方法だと思います。VR酔いが気になる方は一度試してみて下さいね♪


今回のPSVRのレビューはいかがだったでしょうか?

前置きがかなり長くなってしまいましたが、最終的な私の結論としてはレースゲームの為だけにPSVRを購入するのは現時点ではおすすめではありません!

その一番の理由は現時点で私がおすすめ出来るVR対応レースゲームがグランツーリスモSPORT、ドライブクラブVR、ダートラリー位しかなく、しかもグランツーリスモSPORTに限っては「VRツアー」モードのみの対応となっており、正直おまけ程度の機能なので飽きるのも速いと思います。

しかしモニターでは決して味わえない程の没入感は確かにあります!

なので最大限にレースゲームを楽しみたい方や、レースゲーム以外のVRゲームも楽しみたいという方には新価格となった今はまさにベストタイミングだと思います!

ちなみに私はもちろん買って良かったと思っています!是非お試しあれ♪



PSVR対応レースゲームについても記事にしてますので、よろしければこちらも参考にしてみて下さいね♪
【PSVR対応】現実の向こうへ連れて行ってくれるおすすめレースゲーム

【PSVR対応】現実の向こうへ連れて行ってくれるおすすめレースゲーム

プロジェクトカーズ/PS4スクリーンショット最近ようやく在庫状況も良くなり普通に購入出来るようになったプレイステーションVR(以下PSVR)ですが、さらに201...

投稿 2017/03/21